感染の有無に気付きにくいクラミジアにはクラビットやそのジェネリック医薬品であるレボフロックスがとても有効です!

クラミジアとは

性感染 クラミジアは日本で最も多い性感染症です。
国内でも100万人にも達するとも言われていて、かなり身近な病気です。

特に日本では若い女性がなる確率が高く先進国の中ではトップです。
日本の女子高生は8人に1人が感染していると言われていて、若い女性の体は、感染し易い構造になっている事もあり、また、若いゆえに病気に対する知識があまりなく、避妊具をつけずに性行為をしてしまう事などが原因として考えられます。

勿論若い人以外でも感染している人は多く、その理由は色々とありますが、自覚症状が殆どない場合が多い為、自分が感染している事に気付かないまま性行為をしてしまい、感染を拡大させてしまう事が多いのです。

性感染症の感染経路 症状があらわれない事が多いですが、主な症状としては排尿時の痛み、違和感、尿道の不快感やかゆみ、膿などがあります。

これらの症状があった場合は、絶対に性行為は行わず、早急に検査をしましょう。
女性の方が感染し易いのですが、特に女性は8割は症状がないと言われています。
オリモノの増加、下腹部痛、不正出血、性行時の痛みなどが伴う事があります。

自覚症状がないからといって、性病を放置する事は不妊症になったりHIVなどの感染症になる可能性を3倍から5倍にしてしまうので絶対にしてはいけません。

※クラミジアや淋病などの性病を放置する事で高まるリスク

また、性器だけでなく、喉に感染する事もあります。女性の場合は、3割から4割は咽頭クラミジアに感染していると言われています。

なお、パートナーがいる場合は、かなりの確率でパートナーも感染している為、隠さずに一緒に治療を受ける事が大切です。
一度お薬を治療して完治しても、再度パートナーから感染させられる可能性が高いからです。

これを「ピンポン感染」と言います。
トイレ内の感染女性 また、知識不足により勘違いされがちですが、性行為をしていないとしても、タオルや下着、便器、お風呂などで感染する性感染症もあります。

どちらかの浮気などが原因である場合はさらに言い出しにくいでしょうが、そうなってしまうと別れるという選択肢を取らない限りは、ずっと続く事になってしまう為、自他ともに身体の健康が第一ですので必ず告げるようにしましょう。

最近は検査キット等を使って自宅で検査をし、誰でも感染を認知する事ができるので、その場合は有効なお薬を服用するなどして早期治療をするように心がけましょう。

有効なお薬としてはクラビットやそのジェネリック医薬品であるレボフロックスなどがとても効果的なお薬として上げられます。

クラミジア治療薬のクラビット

クラビットというお薬は、ウィルスなどの細菌による全身の病気の治療に対し処方される事が多い合成抗菌剤の一種です。

病院やクリニックなどでもよく処方されていることがあり、性病であるクラミジアや淋病はもちろん の事、その他にも風邪やインフルエンザ、中耳炎、咽喉炎、副鼻腔炎などの治療にも使われています。

※淋病の症状と感染原因を確認する

大変効果があり優れた効果のある医薬品ですが、価格が高くなっていて、長期間の服用という点においてはコストがかかり過ぎてしまうというデメリットが存在します。

しかし、クラビットのジェネリック医薬品であるレボフロックスというお薬や、その他のジェネリック医薬品であればお薬の価格もぐっと抑えることができ、長期的な服用においてもコストを軽減することができるのでとてもおすすめです。

先発薬とジェネリックの違い レボフロックスは服用する病気によって服用する量が違ってきますが、基本的には一日2回の服用になっています。

錠剤タイプの薬になっているので、飲みやすいとして多くの性病疾患者から支持を得ています。
海外医薬品の代行を行っている輸入代行業者を利用すると、インターネットを利用して誰でも簡単に購入できます。

上述でも説明したように先発薬のクラビットに比べると価格も安いので、自宅に常備をしておくなどといった対策としても容易です。

レボフロックスは効果がとても高い分、稀ではありますが頭痛や吐き気、腹痛などの副作用が見られる場合があるため、体調が優れない場合やお薬の服用によって異常が見られた場合などはお薬の服用を中断し様子をみたり、かかりつけの医師に相談するなどの対応が必要です。

比較的安全性の高い医薬品ですが、授乳中や妊娠中の人は服用を避けるようにしましょう。
クラビット クラビットやそのジェネリック医薬品レボフロックスは有名な医薬品ですが、症状によって服用する量やタイミングが違う場合があるので、説明書にきちんと目を通し、服用方法や注意点などをしっかり把握しておく必要があります。

成分の働きとしては、ニューキノロンが主成分になっているため、感染の原因になっている細菌の増殖を抑える働きがあります。
DNAの複製を阻害する働きもあるため、お薬を決められた期間続けることで、辛い症状を緩和します。

また、クラビットやレボフロックスの他にもクラミジアはもとより性病に有効なジェネリック医薬品というのは存在しますので、自身の症状や体質に合ったお薬を探すという事も、病気の治療の大切な第一歩となりますので、対応策の一つとしてお薬への理解というのも深めていくようにしましょう。

性病や風邪、咽喉炎などの病気は誰でも罹る可能性があるため、上記の事を参考にしつつ早めに有効なお薬を服用をするようにして症状の悪化を防ぐようにしましょう。
クラビット・ジェネリック


レボフロックスの特徴

クラミジアなどのその他の性病の治療に用いられる最も有名な薬はクラビットで、現在日本で最も服用されている抗菌薬です。

※クラミジアなどの性病の種類と特徴

クラビットは1錠約200円ですが、このクラビットのジェネリック医薬品であるレボフロックスは1錠約40円という安さで、効果や成分はほぼ同じなので、近年では海外通販やもちろん、処方される場合にもクラビットよりもレボフロックスを選択する人の方が多くなっています。

クラミジア以外にも淋病、尿路感染症、前立腺炎、睾丸炎、サルモネラ腸炎、チフス、膀胱炎、淋病性尿道炎、コレラ、子宮内感染、バルトリン線炎などの治療にも用いられるので、以外と性病以外の人でもレボフロックスを服用した経験がある人は少なくはありません。
レボフロックスとウイルス 主成分はレボフロキサシンで、様々な細菌に対し、抗菌作用を示すニューキノロン系合成抗菌剤です。

今までの抗菌薬に比べ、抗菌力が強く、様々な細菌に有効です。
細菌の遺伝情報物質の複製を妨ぐ事で、殺菌的に作用します。
飲み薬では治療の難しかった感染症にも効果があります。

副作用も少なく、抗生物質にアレルギーのある方でも使用できます。
副作用としては、発疹、下痢、めまい、頭痛、ほてり、胃の痛みなどがあります。
長引く場合は医師に相談しましょう。

また、光線過敏症を起こす可能性があり、日光に当たった皮膚が発赤したり、水ぶくれが出来たりします。皮膚の弱い方や長期服用時には、出来るだけ直射日光を避けましょう。

なお、非ステロイド系の鎮痛薬との併用は禁止されています。それ以外にも服用している薬がある方や、病気などの方は、事前に医師に確認するようにして下さい。

クラミジアの場合は、1日1回服用します。服用期間はだいたい1週間です。
レボフロックスはインドのジェネリック薬なので、購入するには輸入する事になります。

個人でするには手続きや言語の問題があり、かなり難しいので、近年の主流としては輸入代行業者を利用する人が多いです。
普通の通販ど同じように、簡単に注文できます。

病院に行く手間もなく、通院費、診察料など省くことができ総合的に見てもコストを軽減することができるのでとてもおすすめです。

ただし中には悪質なサイトも存在しているので、優良サイトを選択するなど気を付けるようにしましょう。

レボフロックス
  • レボフロックス
    構成している主成分のレボフロキサシン水和物により、クラミジアをはじめとする性感染症や、また他の症状にも効果的な抗生物質です。