クラミジアや淋病は有名ですが、トリコモナスも厄介な性病です。これらの性病をしっかりした知識のもと予防しましょう!

%%RIGHT%%

トリコモナスとは

トリコモナス感染経路 性感染症と呼ばれる症状にも様々な種類がありますが、トリコモナスも気をつけたい症状のひとつです。

症状としては、男性の場合は特に症状が出ないことも多く、それゆえに知らずに感染を増やしてしまっている場合もあります。

トリコモナス原虫という小さな虫が原因で起こりますが、この虫は尿道や膣に住み着きますので、コンドームを使用しない性行為で感染することが多くなっています。

オーラルセックスでも感染することがありますので、こちらも注意が必要です。
女性の場合の症状としては外陰部や膣に激しいかゆみが発生し、泡状の臭いの強いおりものが増えます。

妊娠中に感染すると合併症を起こしやすく胎児に感染してしまったり、早産の原因となっていまうこともありますので、早めの対策が必要です。

性病の予防

性病を予防するには HIVをはじめ、先述で説明してきたクラミジア、淋病、トリコモナスなどの性感染症は非常に恐ろしいものです。

また、もしも感染してしまった場合、人にも言いにくいうえに、病院へも行きにくい病気です。

防ぐ方法はあるのでしょうか?

まず、最も一般的な予防策として上げられるのは、避妊具を性行為の際に使用する事です。これで性器からの感染はかなりの確率で防げるはずですが、稀に破れてしまったりする場合もあるので、使用方法には注意が必要です。

避妊という言葉に付随して、当然ですがピルを服用していても、安全日であっても感染する確率は変わりません。

また、性行為における挿入いがいにもオーラルセックスでも喉に感染する可能性が高いので、オーラルセックスをしないというもの一つの予防です。

海外ではオーラルセックスでも避妊具を使用する事が多いそうですが、現代の日本では少ないといえます。

それ以外に、性行為の前後に排尿と排便を済ませ、シャワーやお風呂を利用して性器はもちろんの事、相手に触れる体全身を清潔にしましょう。

さらに、できる事なら相手の性器をしっかりとみて、膿が出たり、ブツブツなどがないかどうか、尿道の赤みや異臭がないかを確認しましょう。
痒みや不自然な下着の汚れなどにも注意が必要です。

女性においては生理中や体調が悪い時の性行為は避けた方が賢明です。
生理中は傷つきやすく、感染の可能性が高くなり、また、経血を介して感染する可能性もあります。

そして、一番の防止策は、やはり新しくパートナーができたら、お互いに検査をして、不特定多数の人と性接触を持たないというのが理想的です。

ごく稀に、性行為以外で性感染症に感染してしまう事もありますが、感染していない特定の人としかしないのであれば、90%以上予防できると言われています。

現代の若者を中心にワンナイト・ラブなんて言葉を聞きますが、一時の感情に流されず、きちんとした知識を持って、自分の身は自分で守るように、しっかりと自制心を持ちましょう。

そういった事を普段から気をつけていてもお酒の席や一時の感情で過ちを犯してしまうのもまた人間です。

もしその一時だけの関係を持ってしまったりした場合には、感染の可能性を疑い早めに検査をしたり、もし検査結果が悪かった場合にはすぐにクラビットやレボフロックスなどのお薬を飲んだりできるように自宅に常備しておくなどの対策をしましょう。