クラミジアや淋病が性病の中でも有名ですが、他にも様々な種類の性病が存在します。性病の治療にはレボフロックスがおすすめ!

%%RIGHT%%

性病の種類と症状

性病 性病は性行為などを通じて人から人へとうつる感染症で、一度感染すると菌が体の中に入り込み何度も繰り返し発症するという厄介な病気です。
幾つも種類がありますが、その中でも特に感染が多い種類の性病を見ていきましょう。

病名 症状
梅毒 梅毒という病気は、梅毒トレポネーマという全身感染症です。発見が遅れると、内臓や神経系に重い症状が出ます。
ヘルペス 水泡のようなものができて、それが破れてただれたような状態になって、強い痛みが出ます。女性の場合、子宮や膀胱へ感染が広がってしまうことがあります。
尖圭コンジローマ 性器や肛門周辺にたくさんのイボができます。女性は悪性の場合は、子宮がんになってしまう可能性もあります。
クラミジア 先述(クラミジアとは)でも説明した通り、日本人で最も多い性感染症です。発見が遅れてしまうと男性は前立腺炎や血精液症、女性は不妊や卵管炎などになってしまいます。
淋菌 後述(淋病とは)で詳しく説明しますが、男性は尿道炎、女性は子宮頸管炎などを発症し、不妊症の原因になったり、男性は精巣上体炎、女性は骨盤腹膜炎などになってしまう可能性があります。
トリコモナス 後述(トリコモナスとは)で詳しく説明しますが、膣トリコモナス原虫が性器内に入り込み炎症を起こします。女性は不妊症、早産、流産の原因となる場合があります。
カンジダ カビの一種です。もともと膣や口に持っていますが、性行為や免疫力の低下で菌が増殖して症状が現れます。外陰部の痒みがあり、ヨーグルト状のオリモノが増えます。男性は亀頭炎や亀頭包皮炎、女性は性器の痛み、性行痛、排尿障害などを発症します。
B型肝炎 ウイルスに感染し、肝炎を起こします。自然治癒する事が殆どですが、劇症化する場合もあります。
C型肝炎 ウイスルが血液を介して感染して肝炎を起こします。慢性化する事が多く、肝癌へ移行する可能性もあります。
合併症などに注意

性感染症は、自覚症状が少ない場合が多いのですが、治療せずに放置してしまうと、不妊症など大きな病気になってしまう事も多いです。

性感染症は病院で検査をしてもらうのも抵抗がある場合があるかもしれませんが、今は検査キットも色々あり、自宅で簡単に検査する事ができます。

もしも少しでも気になる点があったら、早めの検査やクラビットのジェネリック医薬品であるレボフロックスなどの効果的なお薬を自宅に常備したり、服用するなどして感染や症状の悪化を防ぐ対策をするようにしましょう。