クラミジアや淋病を放置すると重大な症状を引き起こします。感染時は早めにクラビットやレボフロックスを用いて治療しましょう!

%%RIGHT%%

クラミジアや淋病といった性病を放置して悪化すると

淋病とクラミジアはどちらも自覚症状があまりなく、特に女性は80%は自覚症状がないと言われていて、感染している事に気づきにくい病気です。

この二つはどちらかに感染した場合、もう一方も感染するというダブル感染が非常に多いです。

どちらかに感染している事がわかったら、もう一方の検査も受けるようにしましょう。

性病においては他の病気に比べ、デリケートな部分なだけに病院で診察を受けるという事にも抵抗がある方が多いと思います。

ですが、そんな事を考え自覚症状がないからと言って甘く見て放置すると、重篤な病気を引き起こしてしまう可能性があり、性機能に異常をきたしてしまうといった例も多々ありますので、しっかりと治療することを第一に考えるようにしましょう。

男性の場合

クラミジアの症状 男性は精巣上体炎、無精子症、前立腺炎などを引き起こす可能性があります。

前立腺までウイルスが侵入してしまうと、長い期間の治療が必要になります。前立腺は薬が届きにくい位置にある為、ウイルスを完全に死滅させるのが難しく、治療してはぶり返す、ということを繰り返す事も多くあります。

女性の場合

クラミジアを放置すると 女性は卵管炎、腹膜炎、肝周囲炎、骨盤付属器炎などがあり、男性も女性も不妊症の原因となるケースが非常に多いです。

また、目に入ってしまった場合、放置すると失明の危険もあります。

性感染症全てに言える事ですが、感染すると、他の感染症にもかかり易くなってしまいます。
一度の性行為で感染する確率は3割と言われており、非常に感染し易い為、パートナーがいる場合は、高確率でパートナーも感染しています。必ず一緒に検査、治療をしましょう。

自分が治っても、再度パートナーからうつされてしまう可能性が高い為です。

さらに、妊娠中に感染すると、母子感染する可能性があります。早産、流産、低体重出産、関節や血管への感染、さらに乳児突然死症候群、失明などの危険もあります。

このような事を避ける為に、妊娠前には必ず検査をしましょう。

女性喉 近年ではオーラルセックスによって、喉に感染するケースも増えています。喉に感染すると、のどの痛みが増してきて、最悪の場合は、肺炎を引き起こします。

喉の場合は症状が出ない事もありますが、性器に感染している場合はのどにも感染している可能性がある為、一緒にのども検査するようにしましょう。

また、最も危険なのは、HIVなど、他の感染症に感染する確率が50%も上がってしまうという事です。

以上のように、放置すると取り返しのつかない事になる危険もあります。
症状がないからと油断せず、気になる事が少しでもあるなら、早めに検査をする事が大切です。

そして感染が発覚したらクラビットやレボフロックスなどの有効的なお薬を服用し早期治療をするようにしましょう。

クラビット・ジェネリック
レボフロックス