性病の中でも2番目に感染者が多い淋病に対してもクラビットやそのジェネリック医薬品であるレボフロックスは効果的です!

%%RIGHT%%

淋病とは

淋病グラフ 淋病は、淋菌感染者との性行為やオーラルセックスなどで感染し発症する病気です。一時期は感染者数は減少していましたが、1990年代を過ぎてからは、感染者数が増加しています。

10代から30代の若者に多く起こる病気で、男性の方が感染し易く、他の性感染症も併発している可能性が高いと言われています。

一度の性行為での感染率は3割から5割と言われており、非常に高いです。

「淋病」は水滴がポタポタと落ちる様子を表していて、淋病になると排尿が難しくなり、ポタポタと落ちるように排尿する事となる為、この病名がつけられました。

最近はオーラルセックスなどによる感染も増えていて、目に入ってしまい、放置して失明するというケースまでもあります。
男性の場合は主に尿道に感染し、尿道から分泌物が出てきたり、排尿時に尿道に沿って激しい痛みがあったり、尿道口が赤く腫れる場合もあります。

ただし男性でも症状が全くないというケースもあります。

しかし、放置すると、感染が尿道の奥への進んでいってしまう事があります。そうなると、前立腺や精嚢腺に感染してしまいます。
さらに感染が精巣上体へ進んでしまうと、淋菌性精巣上体炎になって、男性不妊症となってしまう事もあります。

女性の場合、8割は自覚症状がないと言われています。
症状がある場合は、膣から子宮あたりに炎症を起こして、オリモノの増加や悪臭等があります。尿道に菌が感染してしまうと、排尿痛があったり、尿道から膿が出る事があります。

女性は自覚がないまま放置してしまうと、卵管炎や卵巣炎や骨盤腹膜炎と感染が広がっていってしまいます。
そうなると不妊症の原因になったり、骨盤内癒着を引き起こす事があります。

また、妊娠中に感染すると、早産、早期破水、低体重出産、流産などを引き起こしてしまう可能性があります。
母子感染する危険もある為、妊娠中は特に注意が必要です。

治療には抗生物質の投与ですが、症状が治まってきたからと服用をやめてしまうと、抗生物質が効きにくい淋病に変わってしまうという事があります。
治療の際に重要な事ですが、治療を途中で中止したりせずクラビットやそのジェネリック医薬品、レボフロックスなどの抗生物質を服用ししっかりと完治を目指しましょう。

呼びかけ パートナーがいる場合は、パートナーも感染している確率が高い為、隠さずに告げて、一緒に治すようにしましょう。

せっかく治療し完治したとしても、再びパートナーから移されてしまう「ピンポン感染」を起こす可能性が高いので、個人の問題ではなく、大切なパートナーとの二人の問題として捉える事がとても重要になります。